長ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
長ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

北信地域では長野ゼミナール、中信地域では松本ゼミナールという名称を使用しています。

深谷渓太先生

まず目標を立てること。今すべきことは
そこからの逆算で見えてくる!

深谷渓太先生(穂高教室) 掲載月2019年10月


 ◆中学~高校時代に一生懸命やっていたことは? 
 幼いころからずっとサッカーを続けていたので、中学、高校でもにサッカーに打ち込んでいました。 チームメイトたちと上を目指して考え、話し合い、努力を続けた日々は素晴らしい経験となりました。 サッカーをする中で培ったものは今の自分にいきていると思います。

 ◆実際に働いてみて、松ゼミ・長ゼミの魅力とは? 
 松ゼミの先生として働き始めてまだ4か月ほどですが、僕自身がこれまでに通った塾と比べて、松ゼミは生徒と先生の距離がとても近いなと感じています。 これは松ゼミの大きな魅力だと思います。 僕たち講師は 生徒との距離が近いため一人一人のことをよく知ることができ、それぞれに合った授業ができます。生徒のみなさんにとっても、気軽に質問ができる、勉強以外のことも相談できる、など良いことがたくさんあります。 このように距離が近いことで生徒と先生の両方にメリットがあります。
 僕は生徒にどんどん声をかけ、それぞれに合った授業を考える中で、僕自身も生徒のみんなと共に成長していきたいと思っています。

 ◆生徒のみなさんへ一言 
 勉強や部活など、すべてにおいて共通して大切なことは目標を立てることだと僕は考えています。目標があればそこから逆算して考えることで、自分が今しなければならないことが見えてきます。そしてその時々にすべきことをこなしていけば自然と、自分が立てた目標を達成できると思います。 もし今、頑張りたいけど何をしたら分からないと悩んでいる子がいたら、まず目標を思い出し、自分に足りていないものが何なのか考えてみてください。 きっとすべきことが見えてくると思います。
 皆さんの成長のために、僕たちも精一杯頑張ります! 一緒に頑張りましょう衝撃!

  • 深谷渓太先生
    グイグイ来る感じのパワフル系先生!
  • 深谷渓太先生
    教室対抗運動会の秘密兵器とのウワサも
  • 深谷渓太先生
    あだ名は「ペー先生」 理由は完全に不明~
高野莉奈先生

やる前にあきらめるなんてもったいない!
いっぱい挑戦してみましょう (^^)/

高野莉奈先生(柳町教室) 掲載月2019年09月


 ◆中学高校時代に一生懸命やっていたことは? 
 子どものころ一番頑張っていたことは部活のバレーボールです。 小学校に入ってすぐに始めてずーっと続けてきました。 飽き性な私がこんなに続けていられることに自分自身がすごく驚いています。
 バレーボールは団体競技ということで、仲間とぶつかったりうまくいかないこともけっこうあったのですが、その経験を通じて協調性や達成感など本当に多くのことを学ぶことができました。 長ゼミではみんなから 「バボちゃん先生」 と呼ばれていますが、これもバレーボールのキャラからきていますチョキ上向き矢印

 ◆100万円か100日休日、もらえるならどっち? 
 100万円です(即答) 欲しい服とかカバンとか、行きたいところとか食べたいものとか・・・もういっぱいありますねexclamation もし100万円もらったら、すぐに使っちゃいそうです。 貯金もしたいんですけど・・・きっとできないです(笑)

 ◆小中学生のみなさんへひとこと 
 小中学生の頃だと 「やったことないコト」 とか 「やりたくないコト」 とかがきっとたくさんあると思います。 そして全部を頑張るっていうのも大変なことだと思います。 だから、ずっと続けなくてもいい、そしてムリに好きにならなくてもいいです。
 ただ "やってみる" ということは忘れないで欲しいと思います。 やってみる前にあきらめるのはあまりにももったいないexclamation やってみたら意外と楽しいからもしれないexclamation "やってみないと" 分からないことがたくさんあると思うのです。 いっぱいいろんなことに挑戦してみてください。

  • 高野莉奈先生
    マイペ~スな癒し系”バボちゃん”先生
  • 高野莉奈先生
    長ゼミ運動会では柳町教室の秘密兵器!
  • 高野莉奈先生
    キホンこんな感じのノリです~♪♪
森瑞樹先生

たくさんの選択をしなければならない時期
「精一杯、自分らしく」 を大切に!

森瑞樹先生(鎌田教室) 掲載月2019年08月


 ◆松ゼミの魅力とはなんでしょう? 
 何よりの魅力は、ズバリ、楽しいことです衝撃!ぴかぴか 勉強を教えてもらうのはもちろんですが、いろんなことを相談したり、楽しくお話をしたりもできるので、きっと先生たちに会うのが楽しみになってきます。 フレンドリーな先生ばかりなので、一度松ゼミを体験してもらうと良さが分かってもらえると思いますチョキ黒ハート

 ◆中高時代に一生懸命やっていたことはなんですか? 
 中学から高校を通して、剣道とソフトボールをしていました。 走るのが得意で足にしか筋肉がなかった私には、どちらもキツい部活でしたが、自分なりに頑張っていたと思います。 特にソフトボール投げでは、最初 「0m」 と最低記録を更新した私が、3か月後には30m以上投げられるようになったのが自分でも驚きでした。

 ◆小中学生の皆さんへ一言! 
 小学生、中学生の皆さんは心の変化も激しく、なにかと悩みの多い時期だと思います。 また、これからたくさんの 「選択」 をしなければならない時期が来ます。 そんな時には、あとから後悔しないように 「精一杯、自分らしく」 を大切に生きて欲しいと思います。 実は悩むこと自体も大切です。 十分に悩むだけ悩んで、最後には自分で道を決めて、あとはその決めた道をつき進んで欲しいと願っています衝撃!

  • 森瑞樹先生
    アクティブ系&姉御系な、ムードメーカー!
  • 森瑞樹先生
    で、あだ名はなぜか 「ガチャピン先生」
  • 森瑞樹先生
    出かける&やってみる、まずは体験派☆彡
中田丈一郎先生

元松ゼミ生の松ゼミ講師です
人生ポジティブに! 明るく頑張っていきましょう☆彡

中田丈一郎先生(豊科教室) 掲載月2019年07月


 ◆なぜ塾の先生をしてみようと思いましたか? 
 私は中学校の理科教育を学んでいて教師を目指しています。 大学にいて授業を受けているだけでは得ることのできない、生の体験をすること。 そして目の前の中学生に勉強を教えることで分かってくる、自分が理想の教師近づくための技術や能力を、学生のうちに少しでも身につけたいと思ったからです。
 また自分自身が中学生の時に松ゼミにとてもお世話になった経験があり、その恩返しをしたいという思いもありました。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 小学2年生のときから高校3年生までサッカーを続けていたので、Jリーグや海外サッカーを観るのも好きですし、自分でやるのも大好きです。 地元チームで松ゼミがスポンサーになっている松本山雅FCのサポーターでもあるので、よくアルウィンに応援に行きます。 大学生のうちにお金をためて、「ヨーロッパに行って海外サッカーを観戦する」 という大きな目標もあります。

 ◆小中学生の皆さんにメッセージを! 
 小中学校の時にどれだけ勉強するか、ということでも自分の人生は大きく左右されます。 しかし 「自分は勉強がキライ!」 「私は勉強が得意ではないから・・・」 というように悲観的にならないでいいと思うのです。 何事もポジティブにとらえて、もちろん勉強に対しても前向きな気持ちで取り組んでいけば、自然といい結果もついてくるものだと思います。
 つらい時もあるかもしれないけれど、ポジティブに構えて明るく頑張っていきましょう~衝撃!

  • 中田丈一郎先生
    子どもの気持ちがよく分かる和みキャラ☆彡
  • 中田丈一郎先生
    ・・・っていうか、先生ご自身が子ども!?
  • 中田丈一郎先生
    自分もサッカーをやっていた "山雅ファン"
宮原諒真先生

「自分なりでもいいから考えてみること」
それが成長のためにとても大切です!

宮原諒真先生(波田教室) 掲載月2019年06月


 ◆先生として働いてみて、松ゼミの魅力とは何でしょう? 
 生徒たちの様々な疑問や不安を、一緒に考えてあげることができる環境や雰囲気だと思います。 成績のことだったり進路のことはもちろん、将来の夢や部活動のこと、そして時には人間関係の悩みごとなどでも、松ゼミだったら生徒が講師に相談しにきてくれます。
 生徒は気軽に話しかけ講師はそれに全力でこたえる、そんなことができる空間が松ゼミの魅力であり、私が松ゼミが好きな理由のひとつです。 また若い講師が多く、生徒とより近い視点と気持ちで接してあげることができるのも魅力のひとつだと思っています。

 ◆将来の夢は何ですか? 
 中学校の先生になり、私が中学生の時に出会った恩師のとなりで働くことです。 もともと長い人生を何かに費やすならば、直接誰かの人生に強く関わりたいと思い教師という職業に就くことを夢にしていたのですが、中学生時代とある先生との出会いが夢に向かう歩みを加速させてくれたと感じています。 
 それはその先生への憧れだとも思います。 当時いろいろなことに悩んでいた私に、前向きに進んでいくことができるような話をして下さったり、時には鬼のように厳しく叱って私の背中を力強く押して下さいました。 私もそんな素敵な先生になれるよう、松ゼミの生徒たちと共に成長していきたいと思っています。

 ◆小中学生の皆さんへひとこと 
 皆さんはこれからも日々の生活の中で、いろいろな疑問に出会うと思います。 ぜひその疑問に対して 「考える」 ということを止めないでください。 小学生や中学生の時の 「自分なりに考える」 という経験自体が、感性や人格の成長にとても大切なものなのではないでしょうか。 中には答えが出にくいものもあるかと思いますが、私はその疑問に対する答え自体よりも、答えを導こうとする過程にある 「考える」 ということこそが重要だと思います。 その 「考える」 という経験が、今後の人生のどこかで生まれる新たな疑問の解決や、困難の克服に活きると思うのです。
 私はこの松ゼミで、勉強や進路のことだけではなく生徒一人ひとりの悩みを一緒に考えていきたいと思っています。 そしてそれができるのが松ゼミです。 たくさん悩み、たくさん考えて輝かしい学生時代を過ごしてください衝撃!

  • 宮原諒真先生
    お気軽系薩摩隼人(!?) @波田教室
  • 宮原諒真先生
    南斗水鳥拳(!?) @富士山頂
  • 宮原諒真先生
    乃木坂ファン(!?) @乃木神社

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ