長ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
長ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

北信地域では長野ゼミナール、中信地域では松本ゼミナールという名称を使用しています。

小久保遼平 先生

勉強、やらされるぐらいなら
楽しんで自分からやっちゃいましょう!

小久保遼平 先生(松代教室) 掲載月2020年04月


 ◆長ゼミで働いてみて、長ゼミの魅力とは? 
 とにかく先生と生徒の仲が良く、いつも楽しく勉強ができるexclamation そんなところが大きな魅力です。 授業の間の休み時間は、思春期ならではの恋バナや人間関係の話を友だちのように話し合ったり、ふざけあって大爆笑したりです。 そしてそんな雰囲気のおかげで、授業中も気軽に質問してくれる生徒がとても多いです。
 担当している生徒がたくさん質問してくれることで、生徒のみんなの特徴をよりよく知ることができ、いろいろな要望にすぐに対応できるのも長ゼミの魅力の一つだと思います。 勉強をやらされているのではなく、一緒に楽しく理解しながら勉強できる場所が長ゼミです。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味はありますか? 
 趣味は「とにかくどこまでも車で行くこと」 です。 休日に 「ああ、ヒマだなぁ・・・魚食べたいるんるん」 それだけで新潟へ行ったり、富山に行ったり・・・道がつながっていればどこまでも、、、。 あ、フェリーで北海道にも行きましたね(笑) 公共交通機関で訪れたことがある場所も、自分の運転で訪ねてみると、また見えるものも違ってきますよねぴかぴか 全国47都道府県、残すは九州のみ。今の目標です。

 ◆生徒のみなさんに一言 
 勉強って大変ですよね? 分かります。 そう、大変です。 しかしexclamationみんなやらなきゃいけないんです。 そしてどうせ同じ時間勉強するなら、少しでも楽しい方が良くないですか? というか楽しまなきゃもったいない衝撃!
 勉強を進めていくと自分の好きな教科が見つかったり、いろいろなモノに興味が持てるようになったりしてきます。絶対exclamation やらされるぐらいなら自分からやってやりましょうよ衝撃! 長ゼミで待ってます、イエイ指でOKぴかぴか

  • 小久保遼平先生
    スマイリーだけど、パワー系の先生です!
  • 小久保遼平先生
    旅先にたたずむキンちゃん先生!
  • 小久保遼平先生
    いただきマスなキンちゃん先生 ♪♪
梶野歩夢 先生

読書ってとても効率的な
勉強方法だと思いませんか?

梶野歩夢 先生(松ゼミアシスト) 掲載月2020年03月


 ◆中学から高校時代に一生懸命やっていたことは何ですか? 
 中高時代は吹奏楽部に所属していました。 毎日練習ばかりしていましたが楽しい仲間に囲まれて充実した日々を送っていました。 担当楽器はバスクラリネットで、当時の友人たちとは大学生となった今でも交流があります。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 結構多趣味な人間なのですが、休日は読書や音楽に興じていることが多いです。 そのせいかインドア派だと思われることがよくあるのですが、実はアウトドアも大好きです。 この信州で春から秋は渓流釣り、冬にはスキーなどを楽しんでいます。 また最近では海釣りにも目覚め、アウトドアライフはより一層充実したものに進化しています。
 ですがご安心ください。 勉強もちゃんとしています! アウトドア派の文化人となるべく忙しい日々を送っています。

 ◆高校生の皆さんへメッセージを 
 まじめで素晴らしいメッセージは他の先生方に譲るとして、僕は損得勘定のお話しでもしようと思います。 ほとんどの人は長い時間勉強なんてしたくないものです。 でも全く勉強をしない、というわけにもいかないですよね。 それならどうするか?
 答えの一つとして 「最も効率的な(つまり最もお得な!)勉強法を見つければ良い」 というものがあるでしょう。 そう考えた時、人によって差があるとは思いますが 「本を読むこと」 はそこそこ効果的なのではないかと思うのです。 世間には様々な本がありますが、それらの著者は皆とてつもない時間と労力を使って一冊の本を作り上げていることでしょう。 例えばある学者さんが二年かけて書いた本を一週間で読んだら、とても効率的に勉強ができるとは思いませんか? 数十ページ読んでみるだけでも充分意味があると思います。
 そんな理由から損得勘定が大好きな僕は勉強に本を利用しているのです。 どうでしょう? なんかちょっと頭が良さそうでしょ? ということで効率的に勉強したい人には(友達に頭が良さそうに見られたい人にも?)まずはいろんな本を読んでみることをお勧めします!
  • 梶野歩夢先生
    スマイル系なのに熱血指導です☆彡
  • 梶野歩夢先生
    ウクレレも弾く哲学者(哲学専攻)
  • 梶野歩夢先生
    目指すのはアウトドア系文化人だとか
新戸亜依 先生

いろんなことに興味を。
人生、楽しんだもの勝ちです!

新戸亜依 先生(川中島教室) 掲載月2020年02月


 ◆どうして塾の先生になってみようと思いましたか? 
 私は将来、教師になることを考えています。 その中で当然のように、子どもと関わり、子どもに教える経験をしておきたいと思っていました。 また、自分が人に教えたことを分かってもらえた時の嬉しさを感じ、逆に子どもたちが「分かった!」と感じる喜びを共有したかったからでもあります。 実際にやってみて、とてもやりがいを感じていますぴかぴか

 ◆休日100日、現金100万円、もらえるならどっち? 
 休日100日が欲しいです。ふだん私は、ぎっしりと予定を詰めないと気がすまないので、100日の休日にはあこがれてしまいます。 旅行が趣味なので、自分の行きたいところに行って、放浪して、いろいろなものを見て・・・と、ただただ楽しいだけの日々が想像できてうれしいです。 だから私は100日の休日派です。
 
 ◆生徒のみなさんへひとこと 
 ぜひたくさんのことに興味を持ってください。 子供のころに興味を持った数、経験したことの数はそのまま人生の糧になると思います。 そしてすべての事を楽しんでやってみてもらえたらとも思います。 「人生、楽しんだもの勝ち」 なんて言われていますが、本当にその通り、そして楽しいほうが絶対にいいと思います。 
 それでも時に、楽しくないことに取り組まなければならないこともありますよね。 でもそれをも楽しむ気持ちに自分を変えていけたら、日々がさらに充実すると思うのです。 勉強もそれ以外のことも、いっしょに頑張りましょう衝撃!

  • 新戸亜依先生
    こう見えてパワフル指導系のアニー先生☆
  • 新戸亜依先生
    将来数学の先生を目指す仲間たちと
  • 新戸亜依先生
    人生も信州の山も「楽しんだもの勝ち」
我妻彩華 先生

部活動などが忙しい人は
ぜひ休日を上手に使って両立を!

我妻彩華 先生(篠ノ井教室) 掲載月2020年01月


 ◆中学時代に頑張っていたことは何ですか? 
 私が頑張っていたのは部活動です。 演劇部に所属していたのですが、最初はいわゆる「裏方」の仕事をしていました。照明・音響・台本作りなどですね。 しかしある演劇を見て自分も舞台に立ちたいという気持ちが強くなり、中学3年生の時には副部長としてその演目の主役なることができました。
 一方で部活動は3年生の10月まで続いたので、勉強との両立がとても大変でした。 それでも志望校に合格できたのは、土日を上手く使うことができたからだと思います。 今部活動が大変だと思っている皆さんも、ぜひ土日を上手に使って勉強と部活動とを両立してみて下さい。

 ◆将来の夢は何ですか? 
 私は高校生になるまで数学があまり得意ではありませんでした。 しかし高校生になってから、相性の良い先生と出会うことで、どんどん数学が好きになっていきました。 答えを導き出す過程が複数あり、その過程を考え出すのがとても楽しいと感じるようになったのです。 今では私の夢は数学の教員になることです。 教育実習やこの教室での仕事を通じて教師という仕事の大変さ、やりがいを感じその想いはより強くなりました。

 ◆中学生のみなさんへ 
 ぜひ「自分が好きなこと」を将来の夢にしてほしいと思っています。 それをするために今何が必要なのかを考えてみて下さい。 そしてまた今それが決められなくても、これから先きっとやりたいことが見つかると思います。 そんな時は選択肢を広げることができるような進路を選らんでほしいです。

  • 我妻彩華先生
  • 我妻彩華先生
  • 我妻彩華先生
山田敦弘 先生

いかに分かりやすく伝えられるか、
勉強に対する意欲を引き出せるか!

山田敦弘 先生(広丘教室) 掲載月2019年12月

 ◆ 塾の先生をやってみようと思った理由は何ですか? 
 私は将来、高校の数学教師を目指しているので、少しでも多く「先生」としての経験を積んでおきたいと考えています。 元々子どもたちに教えることが好きなので、松ゼミで授業をすることは自分にとっても、とても楽しいと感じています。

 ◆勉強を教えるとき意識していることはありますか? 
 授業の際に最も意識していることは、まずは生徒自身にしっかり理解してもらえるよう「いかに分かりやすく伝えられるか」を考え実践していくことです。 そのために例を複数あげて説明したり、解説してみて生徒の反応が薄かった場合は別のアプローチを考え、その生徒に合ったやり方を見つけていきます。
 またこれと同等に意識していることは「生徒の勉強に対する意欲を引き出すこと」です。生徒の集中力が切れているような時には、あえて少し雑談を挟むことでリフレッシュしてもらい、また勉強に向かっていけるようにしています。 自分の授業が「楽しい」と思ってもらえたら、自分から勉強に向き合ってくれると実感しています。

 ◆生徒の皆さんにひとこと 
 小中学生そして高校生のみなさん、初めは勉強をすることが苦であると感じてしまうかもしれません。しかし松ゼミ・長ゼミに来て授業を受けてもらえたら変わります。 もし私が授業を担当することになったら、勉強が苦だとは思わせません。 教室でお待ちしています。一緒に頑張っていきましょう衝撃!

  • 山田敦弘先生
    笑顔がキュートなあっちゃん先生
  • 山田敦弘先生
    実は熱いハートの持ち主なのです
  • 山田敦弘先生
    が、普段の生活はものすごく普通~♪

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ