長ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
長ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

北信地域では長野ゼミナール、中信地域では松本ゼミナールという名称を使用しています。

山田拓生 先生

「迷ったら行動する」やりたいことを見つけましょう!

山田拓生 先生(篠ノ井教室) 掲載月2022年05月


 ◆将来の夢は何ですか◆ 
 僕の今の将来の夢は自分自身で起業をすることです。今現在、様々な技術がとても速いスピードで進歩しているので、そのスピード感についていけるような企業を自分でつくってみたいと思っています。起業したいと思ったのは高校2年生の頃、自分自身の進路に真剣に向き合い考えた際に「いろいろなことに挑戦してみたい」「自分の人生を他人任せにするのではなく、自分の意志で行動したい」と思ったからです。まだこの夢は実現していませんが、この夢を実現するために今のうちにいろいろなことに挑戦しようと思っています。

 ◆100連休か100万円、もらえるならどっち?◆ 
 僕は100万円を選びます。100万円を自由に使えるという経験の方が得難いと思ったのでこちらを選びました。その100万円をつかって「投資」を経験してみたいと思います。実際に経験してみるということは何よりも大切なことだと思うので、同年代のみんながあまりやっていないことに挑戦してみたいです。またこういった経験を通して、自分がまだ知らない社会や経済の動きについて深く知りたいと思いました。

 ◆生徒のみなさんに一言◆ 
 今みなさんがいる環境は、楽しみながら勉強やいろいろなことに自由に挑戦できる環境だと思います。今しかできないこともたくさんあると思うので、「迷ったら行動する」ことを大切にしてほしいと思います。いろいろなことに挑戦していく中で、自分の視野を広げ、自分自身が本当にやりたいことを見つけてください。そしてそんな挑戦の中で「勉強」の部分は、僕たちがしっかり応援していきたいと思っています!
山田拓生 先生
いろんなタイプから人気のたくみ先生
山田拓生 先生
さわやかイケメン・ずるいぞ~(^^;)
山田拓生 先生
X'masのナゾ写真、いただきました!
沼田淑羽 先生

最高のライバルのおかげで頑張ることができました

沼田淑羽 先生(広丘教室) 掲載月2022年04月


 ◆中高時代に一生懸命やっていたことは?◆ 
 私には小中高と学校も部活もずっと同じだった友だちがいます(中学時代にはバスケ部、高校ではダンス部でした) 彼女とは大学は違いますが、今も同じ夢に向かって頑張っています。私は彼女のことを最高の友だちであり、ライバルだと思っています。負けず嫌いという性格を強みとして、彼女に勉強も部活でも負けたくないという一心で文武両道に励んでいました。
 勉強もそうですが、高校の部活は全国大会にも出場するほどの強豪校で文武両道はかなり大変でした。一緒に勉強や練習をして努力している姿を見ているからこそ、お互いの努力が報われてほしい、でもやっぱり負けたくないという思いでした。私は彼女がいなかったらここまで頑張れていなかったと思います。

 ◆働いてみて松ゼミの魅力とは?◆ 
 とても温かい雰囲気で、塾長も先生方も優しく、生徒の皆さんとの距離感が近いと感じました。自分自身が塾に通った経験がなく、最初は塾がどういうものか分からなくて緊張していましたが、生徒や先生方と関わっていく中で徐々に緊張がとけて、今では楽しく働くことができています!
 生徒の皆さんにとっても先生との距離が近いので、分からないことをすぐに聞けて、どんどんやる気が上がってくるのだと思います。

 ◆生徒の皆さんにひとこと◆ 
 自分に合った勉強法を見つけ、目標を立てそれに向かって頑張ってみましょう! もし自分に合った勉強方法が自分では見つけられなかったら、私たちと一緒に探していきましょう! 分からないことが分かり、できなかったことができるようになれば、勉強へのモチベーションもきっと上がってくるはずです。
 そして、今頑張れたら今後の人生の中で困難があっても、自分は頑張れるという自信につながります。生徒のみなさんには、ぜひ後悔のない学生生活を全力で楽しんで欲しいです!
沼田淑羽 先生
女子にモテる!? 元気系チャオズ先生
沼田淑羽 先生
大好きなダンスは今も続けているそう
沼田淑羽 先生
後ろの男子! 知らん人だが頑張れ!
加藤碩人 先生

何のために勉強?→世界の解像度を上げるため

加藤碩人 先生(穂高教室) 掲載月2022年03月


 ◆中高時代に一所懸命やっていたことは何ですか?◆ 
 私が特に中学生時代に一生懸命取り組んでいたのは、勉強と部活動の文武両道を実践することです。部活は硬式テニス部に所属して取り組み、一方で勉強の方も疎かにしないように励みました。その中で手助けになったのが、当時通っていた学習塾とそこでできた友人の存在です。定期テストや受験のために自習させてもらえる環境と、ライバルがいてくれるという二つの側面が、この頃の生活を支えてくれていたと思います。

 ◆授業のとき最も意識しているのはどんなところ?◆ 
 私は常に「その子自身がその時点でどの程度理解できているのか」を正しく見極めることを意識して授業を進めています。理解のレベルを「なんとなく分かる」や「ただ知っている」に留めることなく、「その内容を他の人に教えることができる」までに深められることを目指しています。

 ◆生徒のみなさんにひとこと◆ 
 「勉強は何のためにするのか」という質問を生徒のみなさんによくされます。そんなとき私は「世界の解像度を高めるためにするんだよ」と答えるようにしています。もちろん答えは人それぞれにありますが、この問いについて考えること自体にも価値があると思います。自分なりの答えを出せるようになるまで、勉強と向き合ってみるというのも素晴らしいのではないでしょうか!
加藤碩人 先生
あだ名は"なぜか"ニトリ先生
加藤碩人 先生
なぜか真冬の軽井沢に男二人
加藤碩人 先生
この衣装は何?ナゾだらけです
内川優 先生

挑戦する心と、感謝の気持ちを忘れずに

内川優 先生(柳町教室) 掲載月2022年02月


 ◆中高時代に一生懸命やっていたことは?◆ 
 中学時代はひたすらサッカー漬けの毎日でしたね。平日も休日も”休みの日”というものはほぼなく、部活動の後も家の前や近所のグラウンドでずーっとボールを蹴っていました。人よりも少しだけ努力ができるようになったのも、ちょっとのことでは折れないメンタルも、今思えば中学時代の努力の産物なのかなって思っています。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか?◆ 
 実は・・・って感じではないですが旅行に行くのは大好きです。自分の全く知らない場所で自分の全く知らない人たちが、そこで生活しているって考えるとなんだか面白いです(笑)
 これまでで一番楽しかった旅行は北海道です。大学生のうちにもう一回行っておきたいですね。今は香川県に行って「うどん食べたし、次は、、、うどん食べよっか!」っていうくだりをやりたいです☆ しかしコロナ禍でなかなか気軽にいくことはできないので、早く収まってくれたらなー、と思います。

 ◆生徒のみなさんにメッセージ◆ 
 皆さんには「やってみたい」って思えることや、新しい何かにどんどん挑戦して欲しいなって思います。いろんな人に出会って、いろんなことを経験して、いろんなことを自分の中に吸収していってください。それはきっと、皆さんの人生の糧(かて)になります!
 そしてもう一つ。周りの人への感謝の気持ちを持つことを忘れないで欲しいです。今、皆さんが学校で楽しく生活したり塾に来て勉強できるのは、みなさんの家族や周りの友だち、学校の先生など多くの人たちのおかげです。感謝の気持ちは巡り巡って自分の幸せとして返ってきます。感謝の気持ちを忘れずに、いろんなことに挑戦していきましょう!
内川優 先生
ゆる~系なのになぜか引っ張ってくれる系
内川優 先生
日本最北端にたたずむぼーちゃん先生
内川優 先生
「あ、うどんは2玉で。」
小池真優 先生

近所のお兄さん・お姉さん的な先生たちと楽しく頑張れます

小池真優 先生(鎌田教室) 掲載月2022年01月


 ◆学生時代に頑張っていたことは?◆ 
 山梨県で過ごした学生時代は、バレー部に所属し毎日の練習に力を入れていました。私が在籍していた学校は生徒数が少なく、女子はバレー部に入部するほかありませんでした。バレーは初心者だったのですがチームメイトもほとんどが未経験者だったので、仲間と励まし合いながら日々のつらい練習に耐えました。弱小校ではありましたが頑張った結果はじめて試合に勝利し、仲間と喜びを分かちあえた瞬間の感動はとても大きいものでした。

 ◆働いてみて松ゼミ(長ゼミ)の魅力とは◆ 
 やはり生徒と先生の距離の近さだと思います。生徒たちは教室に来ると学習に関することはもちろん、日々の学校生活や趣味の話、そして悩み相談などもたくさんしてくれます。先生たちは近所のお兄さん・お姉さん的なノリで、そんな生徒のみなさんの話に応えます。学習塾にありがちなピリピリした雰囲気がなく、笑顔あふれる和気あいあいとした空間で楽しく勉強に取り組める点が一番の魅力だと思います。

 ◆生徒の皆さんにひとこと◆ 
 皆さんにはぜひ学生生活を通して、勉強・部活・趣味など何か一つでもいいので、全力でやりきったと感じられる経験をして欲しいです。私にとってそれは部活動や受験勉強でした。目標に向かって一生懸命に努力した経験は、自信につながり一生の宝物になると思います。学生時代は長いようでいて、あっという間に過ぎ去ります。悔いのないように学校生活をどんどん楽しんでください!
小池真優 先生
ほんわか系のまゆちゃん先生
小池真優 先生
八坂庚申堂で受験生の合格祈願!?
小池真優 先生
"庚"つながり!? の絶品クレープ
乾凜 先生

みなさんの身近な存在としてがんばります

乾凜 先生(豊科教室) 掲載月2021年12月


 ◆働いてみて松ゼミ(長ゼミ)の魅力とは?◆ 
 松ゼミの魅力は「生徒と先生の距離が近いところ」だと思います。実は私自身も高校まで松ゼミの別の教室に通っていました。いつも丁寧にそして親身になって関わってくれた先生方の姿から、実感としてそう感じています。私も今まで先生方にしてきてもらったことを恩返しするつもりで、生徒一人一人のことを考えて授業を行っていきたいと思っています。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技は?◆ 
 私の趣味はバレーボールをすることと山に登ることです。バレーボールは中学1年生の時に始めました。それ以来続けていて、今は大学のサークルで楽しんでいます。また季節の良い休日にはよく山に登っています。長野県には良い山がたくさんあるので、登りたい山が多すぎて困っています(笑)

 ◆生徒のみなさんにひとこと◆ 
 「勉強=イヤなこと」と思っている人も多いのではないかと思います。
大切なのは自分から学ぶこと。気持ちを切り替えて自分から学べば学ぶほど「学ぶ楽しさ」を味わえます。だからまずは「やる気でチャレンジ」を大事にして欲しいのです! 松ゼミの先生はどの先生も、みなさんのこれからを一番に考えている先生ばかりです。勉強のことはもちろん、学校で困っていることなどもあればどんどん私たちに話してみてください。私たちはいつでもみなさんの味方です。いっしょに苦しい時も乗り越えて、いっしょに合格を喜べるように頑張っていきましょう
乾凜先生
ほのぼの系の優しいお兄さん先生
乾凜先生
信州の山にも登りますが
乾凜先生
テトラポットにも登る(気をつけてね)
品川優喜 先生

勉強を楽しむこと、お手伝いします!

品川優喜 先生(波田教室) 掲載月2021年11月


 ◆中高時代に一生懸命やっていたことは? 
 中高を通して野球をやっていました。 私はそれほどプレーが上手い選手ではなかったのですが、6年間エースとして投手をやらせてもらい、いっしょにプレーする仲間にも恵まれた良い野球人生だったと思います。
 また中学の3年間は「ロボコン研究会」という、自分たちで製作したマシンで中学生のロボットコンテストに出場する部活にも参加していました。中学2年、3年と全国大会に出場し、特に3年の時に全国制覇を果たしたことは一生忘れられない思い出です。

 ◆授業のとき最も意識していることは? 
 「分かった!」という体験をひとつでも多くしてもらえる授業になるように心がけています。 そういった体験の一つひとつが生徒の皆さんが成長できるチャンスになりますし、何より分かるようになると勉強が楽しくなります。 そして勉強が楽しいと感じるようになれば、より自発的に取り組むことができ、成績を伸ばすことにもつながるでしょう。 生徒の皆さんの「分かった!」を引き出すお手伝いにやりがいを感じています。

 ◆生徒の皆さんにひとこと 
 皆さんの将来の夢は何ですか? 大きな夢であればあるほど、その夢を実現するためにはきっと大きな努力が必要になるでしょう。 確かに中高の6年間は思いっきり遊ぶことも大切ですし、私も実際そうでした。 しかしそれと同じぐらい「勉強を楽しむこと」も、自分の夢を実現するために必要だと思うのです。 そういった経験は皆さんの成長に必ず役立ちます! 私たちと一緒に「楽しんで」勉強に取り組んでみませんか?
品川優喜先生
教える! 高身長でパワー系だけとおもしろ系~
品川優喜先生
投げる! 栃木出身のトッチー先生(まんまですw)
品川優喜先生
食う! パワー源は大盛りラーメンという噂☆
霜多爽吾 先生

生徒のために一生懸命な先生がたくさん!
自分も松ゼミ生だったので実感です☆

霜多爽吾 先生(信大前教室) 掲載月2021年10月


 ◆中~高時代に一生懸命やっていたこと 
 中学高校とサッカー部に所属しており、とにかくサッカー漬けの毎日でした。同じチーム内に絶対負けたくないライバルがいて、今になって思えば、そのライバルの存在のおかげで自分もサッカーに一心に向き合うことができたのだと思います。 そして同時にライバルというものの存在の大切さを学べたとも思っています! 結局そのライバルに勝つことはできませんでしたが、、、冷や汗

 ◆100万円か休日100日、もらえるならどちら? 
 ちょっと悩みますが、たとえ100日の休日をいただいたとしてもボーッと過ごして気が付いたら終わっていた!・・・という自分しか想像できないので、100万円ですかね。 でも、、、100万円いただいたとしても、やはり使い道が思い浮かびません。 だから、やっぱり欲しいのは生徒のみなさんの100点っていうことで衝撃!

 ◆生徒のみなさんへのメッセージ 
 松ゼミ・長ゼミの先生たちは、生徒のために一緒になって悩み、考え、突き進んでくれる方たちばかりです。 実は自分自身も生徒として松ゼミにお世話になっていたので、生徒時代にそんなふうに実感していました。 そのような先生たちがたくさんいる松ゼミで、みなさんの目標に向かっていっしょに頑張っていきましょう。 もちろん私もみなさんを一生懸命応援しますexclamation

霜多爽吾先生
松ゼミ最強!?の "ツッこまれキャラ" 先生
霜多爽吾先生
なぜか温泉旅行の写真が送られてきました
霜多爽吾先生
ので、よく分からないまま掲載~(・∀・)☆
山本愛花 先生

「どうやったら点数を上げられるだろう?」
と考えることも勉強になると思います

山本愛花 先生(梓川教室) 掲載月2021年09月


 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか 
 歌うことが大好きで、カラオケによく行きます。大学では軽音部に所属していて、ボーカル(ごくたまにドラム)として活動しています。 年に4回ライブがありステージで発表するときは緊張しますが、終わった後は達成感を感じることができるのでライブをするのがいつも楽しみです。 松ゼミでの授業後に生徒からのリクエストで歌ったりしたこともあるので、リクエストがあればいつでも大歓迎です!

 ◆先生として授業のときに最も意識していること 
 生徒が理解しやすい説明をすることはもちろんですが、授業のときに一番意識していることは「授業中に生徒を笑わせること」です。 私が大阪出身だからなのか、人を笑わせることが好きです。 初めて松ゼミに来た生徒や、初めて私が担当する生徒は緊張すると思うので、リラックスして授業を受けてもらうために大切なことだと思っています。 また、インパクトがあると覚えやすいため、説明するときに面白い例を挙げたりすることも心がけたりしています。

 ◆生徒の皆さんにメッセージ 
 よく生徒に「なんで勉強しないといけないの?」と聞かれます。 確かに、高校生までで習うものすべてが将来に必要かと言われたら、そうではないと私も思っています。 しかし勉強することによって興味関心を深め、視野を広げ、正しいことを選択する力を養い、たくさん失敗して成長することができます。
 皆さんは "勉強=知識をつける" という風に勉強のハードルを上げすぎてはいませんか? 「次はどうしたらテストの点数を上げられるのだろう」と考えることも一つの勉強になると思うんです。 私はみなさんの勉強に対するハードルを少しでも下げて、生きていくための力を付けるお手伝いをしたいと思っていますぴかぴか

山本愛花先生
梓川教室の頼れる関西人=もなか先生
山本愛花先生
”歌う!” ”笑かす!(関西弁)" "考える!"
山本愛花先生
ドラムなんかもこのとおり~♪♪
周誠 先生

勉強は大事。コミュ力や人間力はさらに大事!

周誠 先生(島内教室) 掲載月2021年08月


 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 私は部活動として水泳をやっていますが、一方で好きなスポーツはバスケですわーい  ユーチューブなどでNBAやストリートバスケのハイライトなどをよく見ています。休日などにはよく松本空港近くのバスケコートで遊んでいますので、みなさんもぜひ!!

 ◆100万円か100連休、もらえるならどっち? 
 100万円か100日の休日だったら100万円ですかねうれしい顔  自分がその時に勉強したいな!って思うことや趣味に使いたいと思います。例えば今なら音楽や映画が好きなので、家の中の音響設備やプロジェクターなどにお金をかけたいです。あとは、そもそもお金のことについても学んでみたいですね(笑)

 ◆生徒のみなさんにひとこと 
 とにかく友だちといっぱい遊んでください。大学生になって実感するのは、どんな時どんな場所であっても人との関わりが非常に大切だということ。勉強も大事だけど、コミュニケーション能力や人間力はさらに大事だと思います。
 ただし高校受験を控えている中学生、そして大学受験を控えている高校2年の後半と高3生は例外! 受験は将来の自分の進路や人生に大きくかかわってくる「一大イベント」なので、頑張りどころ。ここはマジで頑張ってください! 応援しますぴかぴか

周誠先生
黒光り&情熱系の将来のお医者さん
周誠先生
あふれ出る爽やかさ☆と
周誠先生
にじみ出る怪しさ!(・∀・)
河又柚蕗 先生

コロナで大変、でも逆に今できることを楽しみましょう☆

河又柚蕗 先生(三郷教室) 掲載月2021年07月


 ◆中高時代に一生懸命やっていたことは何ですか? 
 小学校3年生から高校野球の引退までずっと野球部に所属していました。 野球では挨拶や礼儀、人に対する感謝など、野球の技術以外にも学べることがたくさんありました。 部活動を通じて大切な仲間ができたり、思いっきり青春ができたので、とても大変でしたが野球をやっていてよかったなと思います。

 ◆100万円か100日の休日、もらえるならどっち? 
 僕は今までに一回も海外に行ったことがないので、100日の休日があったら学生の間に世界一周をして様々な文化、文明に触れてみたいです。 けど世界一周に行くためにはお金も必要だし、、、どっちも貰うことはできないですかね(笑)

 ◆生徒の皆さんへのメッセージ 
 みなさん今コロナウイルスが世界中で流行っていますね。 そのせいで修学旅行がなくなってしまったり、楽しみにしていた行事が出来なくなっています。 そんな環境ではありますが、逆に今できることを精一杯楽しんでください! そして小学生は中学校生活のために、中学生は高校生活のために、高校生は大学生活のために、勉強は僕たちと一緒に頑張りましょう! 勉強は辛いものでもありますが、僕たちが全力でサポートします衝撃!

河又柚蕗先生
意外!? 女子ウケも悪くないソフト系
河又柚蕗先生
なぜかナイスな講師が多い野球部出身
河又柚蕗先生
謎! 送ってくれた写真が全部守備中

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ